土石流の予知と避難

 
1 匿名(13/10/20(日)05:52:10 ID:eXYwj6II.) 
九州大学名誉教授 平 野 宗 夫

土石流などの土砂災害から防御する必要のある住民は,建設省の資料によると全国で約560万人である。
平成8年度末で,当面目標とする降雨を対象とした防御施設が完了しているのはそのうち210万人に対してであり,防御必要人口の40%に満たない。
第9次治水事業五箇年計画ではこれを270万人に向上させることになっているが,それでも50%未満である。
当面の目標が完成するまでにはなお長年月が必要である。
また,当面目標とする降雨は時間雨量50o相当で,10年確率程度とされており,未曾有の豪雨というほどのものではない。
したがって,当面の工事が完成しても十分な安全度を有するとはいい難い。
工事の完成前は勿論工事の完成後においても,人身の安全を確保するための災害予知と避難体制の整備・強化が不可欠である。
土石流の予知と避難画像
 | 全コメント表示 | ×閉じる | 
2 匿名 (13/10/20(日)06:13:34 ID:eXYwj6II.) 
精度の高い予知は可能か?

雲仙普賢岳は1990年11月17日に198年振りに噴火したが,同年秋にはすでに九大島原地震観測所で噴火が近いことが予知されていた。
火山の噴火予知は,雲仙や阿蘇のように火山観測所が設置されている火山においてはかなりの精度で期待できよう。
しかしそれは長年の観測の積み重ねがあってはじめて可能であり,地震計を設置したらすぐに精度の高い予知ができるという性質のものではないであろう。
土石流や山崩れの発生についても,現地に水位計やひずみ計などの計器を設置してデータを集めることは,研究を進展させる上で必要なことと考えられる。
しかしそれを実際の予知に結び付けるためには長期間のデータの集積が不可欠であり,全国8万ヶ所といわれる土石流危険渓流にすぐに適用できる方法ではない。
土石流や山崩れの発生機構は複雑で,解明されたとはいい難いのが現状である。
また,メカニズムが完全に解明されても,それで精度の高い予知が可能になるわけではない。
発生理論に基づいて発生限界値を求めるためには,堆積物の透水係数,粘着力,厚さなどの土質,地質,地形に関する物理量や降雨等の測定値が必要になるが,
それらに含まれる測定誤差を考えると,計算された限界値に高い精度は期待できない。
特に透水係数の現場測定の精度はこの問題に対して絶望的といえよう。
土石流や山崩れの際に前兆現象があったとの報告は数多くされており,前兆に基づいて避難したために人命の損失を免れた例も少なくない。
しかし,多くの災害では前兆が感知されないまま被災している。
土石流,山崩れ,地震などのように,力学的バランスが崩れた時に突発的に発生する現象の予知は,発生後の経過の予知(たとえば,日本に接近した台風が何処に上陸するか)に比べると困難であり,精度が落ちるのはやむをえないものがある。
土石流の予知と避難画像2
3 匿名 (13/10/20(日)06:58:21 ID:eXYwj6II.) 
警報ははずれるのが当たり前?  
30年ほど前に,「当たる確率が50パーセントの予測は無意味である」という意味の記事を読んだ記憶がある。
それは,当たるか当たらないか五分五分ではどうしようもない,という趣旨だったように思う。その後天気予報は降水確率で表示されるようになった。
当初は視聴者に戸惑いがあったようであるが,最近では確率予報はすっかり定着した。外出の際に傘を持っていくか,洗濯物を取りいれるかどうか,などを降水確率によって決めている人は多いと思われる。
「明日の降水確率は〇〇%」という予報は「明日は雨でしょう」という予報に比べると格段に情報量が多く利用価値が高いといえよう。
土石流や山崩れについても発生確率が分かれば,行政や住民はそれに基づいて意思決定をすることができる。
発生予測研究の当面の(そしておそらくは究極の)目標は発生確率を明らかにすることであろう。
人は発生確率の高低を事象の重要性によって判断するようである。
たとえば,降水確率10%の予報では雨傘を持参する人はまずないが,墜落する確率が1%の飛行機には誰も乗ろうとしないであろう。
人命に関わるものであれば,1%でも十分に高い発生確率であるといえる。
したがって,警報や避難勧告は低い発生確率の状態で出さざるをえない。しかし,10%の発生確率で出された避難勧告は,90パーセントの確率で外れる。
したがって警報や避難勧告は,重大な災害になればなるほど外れる確率が高くなるという必然性を有することになる。
土石流の予知と避難画像3
4 匿名 (13/10/20(日)07:44:58 ID:eXYwj6II.) 
狼少年にしないために

仏の顔も三度という諺がある。
避難勧告も3回続けて空振りすると狼少年になってしまうといわれている。
警報や避難勧告に関しては,それを出す側とその受け手の双方に確率予想についての十分な理解がないと,有効な対応ができないばかりか有害な場合さえあるように思われる。
関係者の間に共通の認識と理解を得るためには,危険レベルの設定を住民参加によって行うことが考えられる。
たとえば,過去の災害発生状況と雨量のデータをみながら,住民と一緒に「6時間雨量が80oになった時に避難するかどうか」などと議論することができれば,住民の関心と理解は飛躍的に向上するであろう。
そのための予知方法は簡便明快なものがよく,無意味に煩雑にしたものや,システムがブラックボックスになったものは避けた方がよい。
行政と住民の間に信頼関係があってはじめて,警報や避難勧告は有効に機能するものと考えられる。ここでも行政の情報公開とアカウンタビリティが強く望まれる。
土石流の予知と避難画像4
5 匿名 (13/10/26(土)06:04:10 ID:MBDvS.TLA) 
伊豆大島台風被害、一気に襲う土石流の怖さ
万全の溶岩流対策の一方、抜け落ちていた土石流対策
関口威人 :ジャーナリスト
10月16日朝、台風26号の直撃により甚大な被害を受けた伊豆大島(東京都大島町)。
19日までに27人の死亡が確認され、依然として21人が行方不明となっている。
さらに、新たな台風の接近による二次被害も懸念される状況だ。
17〜18日に現地を取材したジャーナリストの関口威人氏が、被災の状況、その原因ついて報告する。

「見当もつかないよ。こんなに日の当たるところなんてなかったんだから」−−むき出しの山肌を前に、下田昭彦さん(69)は悲鳴に近い声を張り上げた。
台風26号による土石流の直撃を受けた伊豆大島の三原山。
下田さんはその中腹に1000坪ほどの山林を所有していた。ふもとの元町1丁目でペンションを営みながら、土地のある元町神達(かんだち)に足しげく通い、代々引き継いだ山を守ってきたのだ。
土石流の予知と避難画像5
6 匿名 (13/10/26(土)07:41:25 ID:MBDvS.TLA) 
「テレビでは神達という地区が分かれているように報道されているけれど、そうじゃない。
神達は集落としてまとまっているというより、あくまで元町の山側の一部。
林の中を林道がジグザグに通り、民家や別荘が点在している場所だった」


しかし、下田さんの見慣れた神達は、もうそこにない。悪夢のような朝から丸2日たった10月18日午前、下田さんは初めて自分の土地を確認しに山を登り、現実を直視した。
「かすかに道路が残っているけれど、これがあの登山道か。あんな家がここにあったかな・・・・・・」。記憶の地図はずたずたに引き裂かれてしまっていた。
「あの喫茶店をやっていた知り合いが、行方不明なんですよ」。土砂と流木にまみれてひっくり返った薄ピンク色の建物を指さして、下田さんは声を落とした。
なぜこうなってしまったのか。多くの島民が、茫然自失と自問自答の中にいる。
土石流の予知と避難画像6
7 匿名 (13/10/28(月)17:20:58 ID:aW40mHHiI) 
全島民が避難した1986年の噴火が落ち着いて以来、三原山には避難路としてあらたな林道「御神火(ごじんか)スカイライン」が開通。
道路沿いにはふもとから中腹にかけて徐々に建物が増えていった。
土地の安さや観光地としての魅力が人を呼び寄せたのだろう。
そこに新しい人家が立ち並んでいた。それらが土石流災害により、なくなってしまった。
皮肉にも、360度視界がひらけた神達からの眺望は、悲しいほどに美しい。
そこに住み着いた人たちを、誰が非難できるだろうか。
下田さんは「私は山を売らなかったが、売ってくれと頼まれたら考えたかもしれない。溶岩流が危険と言ったって、この島自体が溶岩流でできているわけですから」と代弁する。
下田さんが言うように、大島は島全体が火山。
過酷な自然とともに、大島の人たちは何千年と暮らしを営んできた歴史がある。
火山噴火の主な現象である溶岩流という脅威についても、よくわかっており、死なないために、さまざまな防災対策を講じてきたはずだった。
ただし、徹底的に防災対策を施した溶岩流は、人の命を奪うようなものではない。
「実際は溶岩流で人が死ぬことはない」と断言するのは、名古屋大学環境学研究科地震火山研究センターの山岡耕春教授。
1986年の噴火後、大島に5年間住み込んで三原山を研究した火山の専門家だ。
「溶岩流のスピードはどんなに速くても人が走って逃げられるほど。火砕流はもっと速いがそもそも噴火自体を予想できる。
1986年の噴火でも、誰も死ななかった。それが事実だ」
土石流の予知と避難画像7
8 匿名 (13/11/15(金)17:34:00 ID:m1Yto9Z1g) 
この子の話は涙が出ました・・・・。
土石流の予知と避難画像8
9 匿名 (13/11/15(金)17:54:32 ID:m1Yto9Z1g) 
早くお父さんが見つかるといいね・・・(涙)。
土石流の予知と避難画像9
10 匿名 (14/01/13(月)09:02:08 ID:kl.88pS4w) 
自然は時に残酷な事をする・・・。
11 匿名 (14/03/11(火)14:43:18 ID:oww6PXH3k) 
12 匿名 (14/03/16(日)07:46:42 ID:Okg3TTxy6) 
重点エリア解析予測センター
土石流の予知と避難画像12
13 匿名 (14/08/19(火)15:16:37 ID:HVVEwek86) 
自然災害には勝てません。
土石流の予知と避難画像13
14 匿名 (14/08/23(土)17:08:47 ID:x3K3mPNXI) 
土石流災害
15 匿名 (14/09/06(土)09:47:38 ID:osDG0okuE) 
防災グッズ
土石流の予知と避難画像15
16 匿名 (14/09/13(土)09:57:30 ID:E1E/y0Twg) 
土砂災害
土石流の予知と避難画像16
17 匿名 (14/09/20(土)10:31:11 ID:MAVHYZbDQ) 
土砂
土石流の予知と避難画像17
18 匿名 (14/10/14(火)16:46:49 ID:HW6.oo9Lc) 
すごい。
土石流の予知と避難画像18
19 匿名 (14/11/19(水)21:12:35 ID:Qb6j2dQjw) 
土砂災害
土石流の予知と避難画像19
20 匿名 (15/02/24(火)17:14:19 ID:F/yeTinpc) 
予知できない
土石流の予知と避難画像20
21 匿名 (15/05/22(金)16:20:56 ID:t1crchCb2) 
すごい加速度!
土石流の予知と避難画像21
22 匿名 (15/07/30(木)12:35:11 ID:DnIesd5.Y) 
予知は難しい。
23 匿名 (15/09/19(土)18:13:57 ID:3EPGAYGGE) 
土石流の予知と避難画像23
24 匿名 (16/01/02(土)13:08:17 ID:fSlXewZkI) 
>>23
すごい。
25 匿名 (16/03/03(木)18:11:58 ID:jIR1XO/XY) 
予知は困難。
土石流の予知と避難画像25
26 匿名 (16/09/10(土)11:16:46 ID:B0tZfuHzA) 
27 匿名 (16/11/23(水)09:45:39 ID:SPEief48Q) 
津波
土石流の予知と避難画像27
28 匿名 (17/03/12(日)11:36:54 ID:xMjHLALNQ) 
復興
土石流の予知と避難画像28
29 匿名 (17/07/08(土)12:47:33 ID:pkIa7tlGI) 
土石流の予知と避難画像29
ハリコのとらアンテナで面白いブログ記事がすぐ見つかります
安倍首相「消費税の使いみちを見直します!」→自民「なお、その使いみちは選挙後に決めます」
クソアホバカ新入社員「残業代出ないならやらないです」←←←
【おそロシア】ロシアで史上最悪レベルの人肉食事件が発生し遺体を食いまくった夫婦を逮捕。その数なんと・・・
鳶口で無職の頭かち割る 無職を逮捕 被害者は意識不明の重体・平川
叶美香さんの綱手コスwwwwwww
 | 
閉じるTOP科学板 > このページ
名前: sage: 削除パス:

画像 YouTube
 画像ファイル 対応形式(jpg / gif / png) 最大データ量 512 KB



書込む前に利用規約をお読み下さい
今見てる人→人    多重債務 harikonotora.net